06 03

(はじめに-----2/10の模様を撮影したデジタルカメラが盗難に遭いました。デジカメ本体の価値もそうだが、俺にとっては非常に愛着があり、とても大切に使っていたものでした。何よりもその瞬間や仲間たちと共有したデータがなくなるというのは本当に残念です。心当たりのある人は是非とも連絡ください。)
2/10。サウンドエクスペリエンス。東京からDJ DUCT、神戸からNAVA RASA、姫路からGREENWORKS、京都からQUADRUPEDが来徳。チェックインをすませた彼らを迎えにホテルへ。神戸からきたNAVA RASAとは久々の再会。ホテルの前で皆そろって写真を撮った後、リハを行うべくアンダーグラウンドへ。この日は別個のDJセットを3つ組まなくてはならなかったので、機材の位置やタイムテーブルの問題で四苦八苦。結局1時間遅れでスタート。トップバッターのMAKOTOにフロアを託し、すぐさま飯へ。西新町の一角、活魚水産。ビールが皆にいきわたったところで乾杯、GREEN WORKSとQUADRUPEDとは初の対面だったので改めて自己紹介。つぎつぎと運ばれてくる料理に舌鼓をうちつつ、それぞれ酒がすすむ。時間も腹もそろそろのところで箱へ。徳島の西部、鴨島で根を張って活動を続けるインビジブルのMCたちもこの日は参加。MADBONZE、KEN-OW、FORESTという流れでLIVEは進行。そして次は俺のDJ。この日は新曲を忍ばせ、おとすタイミングをブースからうかがいつつ、針先で我が子たちを踊らせる。プレイの終盤、ダクト君がスクラッチで応戦。NAVA RASA LIVEからDUCT LIVEへ。LIVE終了後、誰が言い出したか(俺か?ダクト君か?)テキーラ飛び交ってくる。どさくさに紛れてすだち酎までビンごと回ってくる....。ぐるぐるぐるぐると回るうち俺にマイクがまわってきたので、NAVA RASA、FOREST、俺の3人でフリースタイル突入。そのまま朝へ。
2/11。2日目、12時。チェックアウトをすませたダクト君達と合流。昨夜そのままにしておいた機材をばらした後、車に乗り込み京都へ。車内で会話がはずむなか、インターで休憩を入れつつ無事京都到着。ホテルの前に車を横付けし、チェックインをすませた後それぞれ個々の部屋へ。昨夜の疲れが残っていたせいか、シャワーを浴びて横になっていると知らない間に眠ってしまっていた。(その間、GREEN WORKSとダクト君はGREEN WORKSの部屋で缶ビールをあけていたらしいが。)19:00。NAVA RASAの電話で起こされ、車でリハを行うべく箱へ。向かう途中、車から見る街並は独特で自然と目を奪われる。2年前位にも観光で京都に遊びにきたことはあったが、やはり京都はいい...。そうこうしているうち、WHOOPEE'S到着。裏の民家で火事が発生したらしく、パトカー、消防車が数台箱の前に停まっている。(最初WHOOPEE'Sが燃えとるのかと思って焦った。)俺らの前にバンドのライブがあり、撤収までもうしばらくかかるということなので、ちょうど箱の横にあったメイドカフェでお茶。しばらくして撤収が完了したとの知らせを聞きつけ地下へ続く階段を降りる。スタッフの迅速な対応も手伝ってリハはなんなく終了。ここで飯を食うべく一端箱を後にし、京都の街へ皆で繰り出す。ホテルの方角へ戻ること約15分、下町の雰囲気漂う鉄板道場という店に流れ込む。とりあえず皆ビールで乾杯,2日目スタート。鉄板焼きを堪能しつつ、ビールから焼酎へ変更。クラブで音楽と過ごす時間も楽しいが、こうして気の合う土地の仲間と冗談を言い合って過ぎる時間もとても大切で、俺にとっては旅先の楽しみの1つでもある。京都での俺の出番はダクト君の次。感覚では1時間もプレイしたつもりはなかったが、実際は1時間半から2時間近く回していたらしい。その後フロアをうろつくも、気がつけばソファーの上で朝を迎えていた。重い体にムチを打ち機材を撤収、残ったメンツでラーメンを食ったあとホテルへ。
いやー。マジでこの二日は思い出深いものとなった。清水寺もまたゆっくり行きたい。みんなありがとう!上の画像(京都のみ)はデジカメがなくなったため、携帯でとったもの。

Copyright 2004-2008 SOUND EXPERIENCE RECORDINGS All Rights Reserved