10 02

1月は3本。1本目は先月お伝えした大阪。んで、行ってきました。九州は福岡、熊本。本当によい2daysだった。

1/29。今回二度目の上陸となる福岡。現場は前回とは異なる箱でKIETH FLACK。前に御世話になったベースとは目と鼻の先。箱に到着すると、久々ー!!京都以来の再会となるマンティス君と握手。そしてこれまた京都以来の再会、ライブペインターの歓喜君とも握手。難なくリハをすませ、マンティス君の案内でタイ料理屋へ。ここで初顔合わせとなるbija君とUZUKI君も交えて皆で乾杯。ピリ辛料理に大満足!!空腹も満たしたところで、移動の疲れを癒すべく一旦ホテルで少しのブレイク。出番30分前位に箱へ戻るとマンティス君がスピン中。きらびやかなレーザーの雨が降りしきる中。KANKI君とUZUKI君から熱いハグ.........。ってもうベロベロですやん笑!!持ち時間は1時間。福岡の熱いヘッズ達に応えるべく俄然気合いがはいった1時間だった。その後、CUBE c.u.g.pへとバトンタッチ。深い時間から初見となるbija。ターンテーブル3台と正確な指さばきでダウンビートでグイグイフロアを湧かせる。そしてバーカウンターでは恒例!?となるテキーラ片手に乾杯。フロアで就寝中のKANKI君を横目にホテルへ。

1/30。2日目。ホテルを早々とチェックアウトし、熊本の箱入りまで時間があるとのことなのでマンティス宅に。ここでゆっくり睡眠をとりなおそうかと思ったはずが、ヤバい本をみつけてしまい、結局その後6時間読書。夕方頃、車で出発、いざ熊本へ。初の箱となるindigoをしきるのはタクロー君。なんかあったことあるよな、と記憶を巡らすと、以前中野の立ち飲み屋で乾杯したことを思いだす。皆が「馬刺をリクエストしろ」というもんで案内してもらった居酒屋で馬刺を注文。これがまた絶品!!このときの酒の席は大所帯で、出演メンバーほとんどが、タメということが発覚し、さらに場が和んだ。腹も満たされたところで出番まで一旦ホテルへ。熊本のオーディエンスはかなり熱い、ということを以前から聞いていたので、横になりながら頭ん中でセットを組み立てる。熊本も福岡と同じ流れで、マンティス君から俺へ。この日は各DJが各々のSET持ち込みのため、変換で大忙し。(タクロー君ホンマご苦労様です。)マンティス君から熱いフロアのままバトンを受け取り、1発目。MAD 4収録STRENGTHから一気に駆け抜けた1時間。途中ヘッドフォンがトラブル、全くモニターできない状態になったが、急遽ヘッドフォンを拝借、bija君へとバトンタッチ。熊本。聞いてきたとおり、こちら側もアゲられるフロアの熱さ。そして人の暖かさ。いい経験をさせてもらった。

THANKS!!!!!!
MANTIS、bija、KANKI、TAKUROW、UZUKI、YOSHIO、KIETH FLACK、indigo。

ここでは書ききれん熱さと笑いはのちにブログでアップします。

Copyright 2004-2009 SOUND EXPERIENCE RECORDINGS All Rights Reserved