10 06

久しぶりの更新です。夜はTシャツ一枚だとまだ寒いが、もう夏ですな。五月は現場2本。どちらも気持ちいい現場だった。

5/16。この日は久々となる野外。大阪からも多数DJが出演。雨男扱いされている俺にとっては、うれしいことに快晴。(1週間前の天気予報では雨。)ほっと胸を撫で下ろす。場所は徳島の中心部、東新町ボードウォーク。川沿いでロケーションは抜群。出番は昼過ぎともあって、いつも黒煙のたちこめる地下のクラブでは持ち込まないような皿をチョイス。日曜というのもあってか、家族連れもちらほら。出番を終えるとこっからはもう、フリータイム。久々にあう皆と乾杯、乾杯。天気が良いのと比例して酒がすすむ。catfoodのグリーンカレーも絶品だった。中でも、バンプのオーナー、aka「やーくん」とは馬鹿な話で盛り上がり、爆笑の渦。もう笑いすぎた。日暮れと共に、酒と笑いとで体力を消耗、そのままフェードアウト。最高に気持ちいい1日だった。

5/30。京都は1年ぶりのメトロ。バスで揺られること、2時間半。京都駅到着。メトロに着くと、久々の再会、ちょうど仕事で京都にきていたUGの石崎さんとガッツり握手。リハを終わらせ、今回初顔合わせとなるOBRIGARRDの2人、地元京都のユニット、GAJIROH+B-COSMOも交えて皆で楽屋で談笑。オープン時間と同じ頃、そのまま皆で飯へ。いやー、この晩酌タイムにかわされた熱すぎるトークと、笑いは活字では伝えきれないが、とにかくよく笑った。(HAZUさんサイコー。)箱に戻ると、もう出番まで10、15分前。急いでブースへ。日曜の夜なんで集客は大丈夫なんだろうか、と内心思っていたが、なんてこたーねー、凄い熱気。俄然気合いがはいる。この日のために昨日までがあったと、いつも思えるブースで身構える瞬間。あとは理屈抜きにやるべきことをやるだけ。最後の1曲をディレイでとばしたあと、静寂までに訪れる拍手の1つ1つが今の俺と楽曲達を支えてくれる。改めてそう思う。こっからはOBRIGARRDの話。いやあー。京都での人気は凄いよ。(京都だけではないかもしれんが。)相思相愛って感じ。フロアとの一体感がありすぎる。2人とも人も音も最高やしね。共に出番を終えるとカウンター前にて皆でショットで乾杯。どこでもこれは一緒だ。

6月は計画と制作に没頭します。7月はこれまた久しぶりの東京です。また詳細UPするんでチェック宜しくです。

Copyright 2004-2009 SOUND EXPERIENCE RECORDINGS All Rights Reserved